事業承継コンサルティングの佐原経営支援パートナー(愛知県名古屋市・豊橋市)愛知、岐阜・三重・静岡の経営支援、事業承継コンサルティング

0532-66-1351

後継者様と新社長様が思い描く、社内体制を構築したい方々へ

このようなお声を頂いております!
「先代社長が自分に全てを任せてくれ、のびのびと社長業に専念できるようになりました!」
「やっと自分の思い通りに経営できる組織体制が整いました!」
「自分の経営方針を明文化でき、社員達にも伝えられ理解を得られやすくなった。」

【多くの後継者と新社長がもつ悩み】
・新社長に就任したものの、先代社長の影響力が強くて立場が保てない
・古参ベテラン社員が自分の方針に従ってくれない。指示ができない。指示しても聞いてくれない
・管理者が自分の方針に従ってくれるか不安
・従業員との間に信頼関係を保てているか、自分の経営方針についてきてくれるか不安
・親族の経営者(奥様や兄弟、叔父など)との関係が微妙でぎくしゃくしがち
・金融機関と上手におつきあいし、必要なときに必要な資金を調達したい
・そもそも、会社経営をどのように進めるか不安で仕方ない

このような方は、佐原経営支援パートナーにお任せください!

後継者様と新社長様が思い描く社内体制を構築するには、先代社長や古参ベテラン社員、管理者など、新社長を取り巻く多くの方との人間関係を良好に保ちつつ、社長方針に従って行動してもらえるような信頼関係構築が前提となります。
そのためには、関係者間の綿密なコミュニケーションの機会を持つ必要がありますが、当事者間だけでの話し合いですと感情論になって冷静な話し合いができなかったり、議論の論点がずれてしまったり、なかなか理想的な経営体制を整えられない会社が多いのが実情です。 そこで、代表の佐原が、新社長と取り巻く関係者の間の「橋渡し役」となり、良好な関係を維持しつつ、理想とする社内体制づくりへ導きます。
また、社内の人間関係を整えつつ、新社長がお考えの会社の将来像を経営方針書として「見える化」し、中長期経営計画や年度計画、さらには管理者や従業員の行動計画にまで落としこみ、会社全体への浸透をお手伝いします。

社内関係者調整

社内への方針徹底

ページの先頭へ

佐原経営支援パートナー

受付時間:9:00~18:00