事業承継コンサルティングの佐原経営支援パートナー(愛知県名古屋市・豊橋市)愛知、岐阜・三重・静岡の経営支援、事業承継コンサルティング

0532-66-1351

時期:
東洋ライト工業株式会社 様

佐原に依頼したきっかけ

佐原先生が初めて来社されたのは、平成21年頃の専門家派遣制度である地域力連携拠点の専門家としてのお立場でした。当時、開発中の新製品について、商品の魅力向上と販路開拓などについてアドバイスをもらっていました。その経営支援の過程では、商品開発と販路開拓に結びつく提携企業のご紹介もして頂けました。そのような前向きな取組みが素晴らしいということで国に評価され、中小企業庁長官賞の受賞に結びつきましたね。(笑)
その後、個別に継続的な支援を受けようということになり、コンサル顧問契約を結んで現在に至っています。

リーダーシップの在り方

当時、私は社長を引き継いで6年ほどが経過していました。ただ、会社組織も従業員数が30人を超えてくると、ベテラン社員やいろいろな性格の社員が居ますから、リーダーシップの在り方は模索中でもありました。よく事業承継対策の本などでは、後継社長が苦労することの一つとして、リーダーシップの発揮の仕方について書かれていることが多いですが、私の場合も振り返ってみるとそうであったように感じます。(苦笑)
そんなとき、佐原先生にリーダーシップの在り方の大きなヒントを頂いたことがありました。それは社内研修をしてもらったときのことです。KJ法というポストイットを使って多くのアイデアを引き出す手法を用い、従業員に当社の強みを挙げてもらう研修でした。はじめは、当社の強みなんてそれほど多くはないのではないか、と正直思っていました。しかし、従業員グループの前に置かれた大きなB紙が、強みが書かれたポストイットでみるみるうちに埋め尽くされていきました。従業員達もその多さに自分達で驚き、とても生き生きとした表情でした。
従業員達の活力に溢れ、笑いに満ちた表情を見るのは、社長という立場の人間であれば誰でも嬉しいのではないでしょうか。その時に「これだ!」と思いましたね。リーダーシップと聞くと、社長が威厳のある態度で明確な方針を指し示さねばならない、というような脅迫観念さえ感じていましたが、そうではないのだと。従業員に主体性を発揮してもらいつつ、一人ひとりが持っている知恵を上手に引き出し、それを踏まえて社長が方向性を決める。企画の段階から従業員にしっかりと関ってもらう。仕事を楽しく進めてもらう環境整備を行う。こうすることで、社長より年齢が上の社員や、経験豊富なベテラン社員の立場を尊重しつつ、会社という組織を一つの目標に向かって進められます。
これらのことを佐原先生は自身の行動でさりげなく示してくれていたのだと思います。社長である自分の立場に配慮しながら・・・(笑)

社内研修(営業部向け)

社内研修では、東京営業部の営業担当者向けの研修をしてもらったりもしています。はじめのうちは各担当者に個別ヒアリングをしてもらい、仕事を進める上での困りごとやこうしたら良くなる、という各人の思いや考えを引き出してもらいました。社長である私には言いにくいこともあるようで、佐原先生にはいろいろと話をしていたみたいです。(笑) 個別の会話内容までは敢えて報告を受けないようにしていますし、それが社員の本音を踏まえた経営をするためのコツであるとも考えていますので。
他に提案営業力の強化策やロールプレイングなどもして頂きました。いろいろと多くの気づきがありましたよ。佐原先生自身も、金融機関勤務時代には一人の営業担当者として最前線で仕事をされていた経験を、当社でも存分に発揮してもらっていますよ。また、営業担当者もそれぞれがプライドを持って仕事をしていますので、「上から目線で営業手法を教える。」というスタンスでは受け入れられないことも想定されます。そこで佐原先生には、その辺りの機微を汲んで頂き、営業担当者の潜在力を引き出したり、お互いの気づきと学びあいの場づくりをお手伝い頂いています。

社内研修(製造部向け)

製造部向けの社内研修では、社員それぞれの能力向上を目指し、各人の能力の可視化と教え合いのためのスキルマップの作成をご支援頂きました。要求スキルも従業員からの知恵を吸い上げる形でまとめあげることができ、従業員が主体性をもって進められる内容とすることができました。また、それに連動するように従業員の個人目標設定とフォロー体制を構築しました。
また、製造部と営業部とが連携した製品づくりが当社の強みでもあるため、この強みをさらに磨くための支援を依頼しました。それは知的資産経営という会社の「目に見えない資産」つまり、管理ノウハウなどを可視化し、繰り返し再現できるようにするための管理手法です。これまで高い成果につなげることができた社内での取り組みを、従業員からの意見出しを行いながら丁寧に紐解き、成功要因分析をして頂きました。それによって、自分達では無意識に行っていたことでも、その成功のカギに気づかされました。
他にも、改善提案報告制度や5S委員設置と社内視察、中長期経営計画策定など、単なる改善策の提案にとどまらず会社経営の幅広い分野について、一人の社外スタッフとして実行の後押しをして頂いたことで、当社の成長に貢献して頂いているのは本当に有り難いですね。(笑)

東洋ライト工業株式会社 様

代表取締役 田中宏明 様

ページの先頭へ

佐原経営支援パートナー

受付時間:9:00~18:00